冬の贅を愉しむ特別ディナーコース!

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 06:13

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

正月気分も抜けて、いつも通りの日常が帰って来ました。

鉄板焼kurosawaは14日の月曜日から

2019「冬の贅を愉しむ特別ディナーコース」

12500円(税別)にて開始しております。

 

 

コースに鮑のステーキが入ってこの値段は、

絶対にお得です!

最初にスパークリングワイン一杯のサービスがあるのも

嬉しいですね。

 

是非2019年お得で贅沢なディナーコースで

今年のスタートなんていかがですか。

 

皆様のご来店をお待ち申し上げます。

 

2019年 謹賀新年

  • 2019.01.09 Wednesday
  • 06:26

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

皆様、明けましておめでとうございます。

昨年中は鉄板焼kurosawaをご利用下さり、誠にありがとうございました。

 

本年は7日(月)より通常営業を致しております。

メニューは昨年に引き続き「冬メニュー」となっております。

 

そして14日からは期間限定の恒例メニュー

「新春 冬の贅を楽しむ特別ディナーコース」が始まります。

 

〜始まりの潤い グラススパークリングワイン付き〜

 

・アミューズ

 本日のプティオードヴル

・アペタイザー

 旬鮮魚の生ハム巻き

  オリジナルスパイス香る蕪のナージュ仕立て

・シーフード

 活鮑のステーキ シェフのお任せスタイルで・・・

・ベジタブル

 旬の菜彩焼き

・メイン

 黒澤特選黒毛和牛のサーロイン(90g)と

  赤身肉(60g)の盛り合わせ

・ライス

 青森産ニンニクの変わりガーリックライス又は白飯

・デザート

 クレーム・ダンジュと赤い果実のソース

  苺氷菓のアンサンブル

・ドリンク

 黒澤ブレンドのコーヒー 紅茶

 

以上の内容で31日(木)までご用意しておりますので、

是非2019年も鉄板焼kurosawaでお楽しみ頂けたらと、

スタッフ一同お待ちしております。

 

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

今年も一年ありがとうございました。

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 06:03

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

ついに今年最後の水曜日になってしまいました。

当ブログも今日で最後です。

 

クリスマスディナーも無事終わり、

後は30日の最終営業日までノンストップです。

 

皆様には大変お世話になりました。

新年は7日月曜日から通常営業となります。

 

14日からは

2019 新春「冬の贅」を楽しむ特別ディナーコース

1月31日までの期間限定でスタートします。

 

来年も今年度同様鉄板焼kurosawa

宜しく願い致します。

来年も頑張ります!

 

皆様良いお年をお迎え下さい。

 

 

鉄板焼きのクリスマスディナー

  • 2018.12.19 Wednesday
  • 06:41

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

鉄板焼kurosawaでは12月23日〜25日で

「クリスマス特別ディナーコース」を15000円(税別)にて

ご提供致します。

 

今年のテーマは「ノスタルジック」

オールドスタイルのフレンチを鉄板焼きで再現いたします。

 

 

2018 KUROSAWA

NOSTALGIC CHRISTMAS MENU 15,000(税別)

2018.December . 2325th

古き良き時代のノエルに思いを馳せて

 

AMUSE – BOUCHE

聖夜のプレリュード・食前に小さな口福を

Swan Styled Salmon Mousse in Puff Pastry with Salmon Roe

Quick Smoked Black Pepper Flavored Venison with Fruits Compote

“ベル・エポック”サーモンの白鳥仕立て 海のルビーを添えて

黒胡椒の香る蝦夷鹿の瞬間スモークと果実のコンポート

APPETIZER

Foie Gras and Quail Confit “Brillat-Savarin”

ドンブ産鶉とフォアグラのコンフィ“美食家ブリヤ・サヴァランへのオマージュ”

SOUP

Lady-Curzon Style Soft-Shelled Turtle Soup with White Snow

レディ・カズンに贈るカレーの薫るスッポンのスープに淡雪を浮かべて

SEAFOOD

Normandy Style Today’s Langoustine and Seafoods with Cream Sauce

紺碧のノルマンディー“海のマドンナ・赤座海老と鮮魚のコンチェルト”

REFRESHMENT

Truffle Flavored La France Sherbet and it’s Crystal

Raspberries and Golden Leaves with Champagne

トリュフの香るラ・フランスのソルベとクリスタル

ラズベリーと金箔にシャンパンを注いで

VEGETABLES

 Dauphin Style Potatoes Gratin and Winter Vegetables

ドーファン風ジャガイモのグラタンと冬野菜

MAIN

 Japanese Beef Tenderloin or SirloinGrand-Veneur Styleor

Christmas Island Sea-Salt, French Mustard, WASABI and Japanese Sauce

黒澤特撰黒毛和牛のフィレ又はサーロイン“グランブヌール”狩猟長風ソース 

又は クリスマス島の海塩 フランス産マスタード 山葵と特製和風ソース

RICE

Kurosawa Style Garlic Pilaff

黒澤スタイルのガーリックピラフ

DESSERT

Christmas Sweets Ensemble

“聖夜のエピローグ” 甘美なノエルのデセール

DRINK

KUROSAWA Blended Coffee, Tea  

黒澤ブレンドの珈琲 紅茶 

 

 

すでに予約はかなり頂いておりますが、

まだお日にち・お時間によっては可能な日もございますので、

是非直接お店にお問い合わせ下さい。

 

スタッフ一同お待ち申し上げます。

 

 

2918年 冬メニュー紹介

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 07:01

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  

 

冬メニューの紹介を続けます。

今日はデザートです。

 

「熱々青森産紅玉リンゴと紅東のショーソン風パイ包み焼き

  ラムレーズンアイスクリームと冬の果実を散りばめて」

(Aコース)

 

「温州みかんのシブースト とちおとめ苺とマスカルポーネの氷菓

  旬の彩り果実のアンサンブル」

(ブッチャーコース)

 

「温州みかんのデザート・アンサンブル」

(Bコース)

 

コース料理の最後のお楽しみ、デザート!

ゆっくり〆の余韻を楽しんで頂けたら幸いです。

 

Xmasディナーのご案内

  • 2018.12.05 Wednesday
  • 07:00

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

いよいよ12月に入り年末が迫って参りました。

例年に比べ比較的暖かい日が続いてますが、そこは12月です。

恒例の行事があちらこちらで催されてきますね。

 

そんな鉄板焼kurosawaも12月といえばXmas!

今年も23〜25日でXmasディナーをご用意しました。

 

今日は「冬メニュー」紹介の途中ですが、

期間限定「Xmas特別ディナー」をお知らせ致します。

 

「ノスタルジック・クリスマスメニュー」2018

  ”古き良き時代のノエルに思いを馳せて”

 

     Amuse-Bouche

(聖夜のプレリュード・食前に小さな口福を)

❝ベル・エポック❞サーモンの白鳥仕立て 海のルビーを添えて

  黒胡椒の香る蝦夷鹿の瞬間スモークと果実のコンポート

      APPETIZER

ドンブ産鶉とフォアグラのコンフィ❝美食家ブリヤ・サヴァランへのオマージュ❞

       SOUP

レディ・カズンに贈るカレーの薫るスッポンのスープに淡雪を浮かべて

      SEAFOOD

紺碧のノルマンディー❝海のマドンナ・赤座海老と鮮魚のコンチェルト❞

     REFRESHMENT

トリュフの薫るラ・フランスのソルベとクリスタル

  ラズベリーと金箔にシャンペンを注いで

     VEGETABLES

ドーファン風ジャガイモのグラタンと冬野菜

       MAIN

黒澤特選和牛のフィレ 又は サーロインの❝グランブヌール❞狩猟長風ソース

  又は クリスマス島の海塩 フランス産マスタード 山葵と特製和風ソース

       RICE

黒澤スタイルのガーリックピラフ

      DESSERT

❝聖夜のエピローグ❞甘美なノエルのデセール

      DRINK

コーヒー・紅茶・ハーブティー

 

以上の内容で15000円(税別)です。

一年でこの期間だけの豪華鉄板焼きのフルコースです。

聖なる夜に目の前で奏でるノエルで

古き良き時代に思いを馳せてみてはいかがですか・・

 

 

 

2018年 冬メニュー紹介

  • 2018.11.28 Wednesday
  • 06:29

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

本日は魚料理・スープの紹介です。

 

「黒澤風ぶり大根・富山産寒ぶりと青首大根とレンコンのミルフィーユ

  大山地鶏の半熟タマゴ 生姜 ゴボウと柚子の甘く香るポートワインソース」

(Bコース)

鉄板焼kurosawaではおなじみの洋風ぶり大根!

お客様の反応も上々です。

 

 

 

「トリュフの薫る滋味溢れる岩手県産鴨のコンソメ

  キノコと冬の小野菜の熱々パイ包み焼スープ」

(Cコース)

スープの写真はちょっと見づらいですが熱々のコンソメスープ!

この鴨のコンソメは絶品です。

 

メインのステーキは勿論楽しみですが、

その前までの料理でも色々と楽しめる鉄板焼kurosawaです。

 

 

 

2018年 冬メニュー紹介

  • 2018.11.21 Wednesday
  • 06:39

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  

 

先週よりスタートしました冬メニューが好調です。

旬の美味しい素材を使った料理でお客様をお迎え致します。

 

今日は冬メニュー紹介の「オードブル」です。

 

「フレッシュフォアグラのステーキをのせた蜂蜜の香る紅玉焼きリンゴ

 干し葡萄と年代物バルサミコ風味ソース 紅東のピュレと彩り冬野菜を添えて」

(Bコース)

 

「フレッシュフォアグラの西京焼きステーキと聖護院かぶの柚子風味ブレゼ

 山葵の薫るゴボウのソース 大山地鶏の半熟タマゴと冬の彩り野菜」

(Cコース)

 

「本日の鮮魚と聖護院かぶのマリネの奉書巻き仕立てと冬のクリュディテ

 大山地鶏の半熟タマゴ イクラと畑のキャビア 柑橘と柚子の薫るソース」

(A・kコース)

 

たくさんの色を使った華やかなオードブル達です。

「冬メニュー」の冬をイメージさせないよう、

明るく、柔らかく、賑やかに盛り付けるよう心掛けてます。

 

3月中旬まで続く冬メニューです。

メインの食材以外(付け合わせの野菜等)は、

時期により少しづつ変わるかもしれません。

変わった時のデザイン(盛り付け)も楽しめる

鉄板焼kurosawaの料理です。

 

 

 

2018年 冬メニュー紹介

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 05:51

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

11月も中旬に入り、いよいよ寒くなってきましたね。

例年よりはいくらか暖かいみたいですが、それでも今年もあと1ヵ月半!

早いですね〜

 

鉄板焼kurosawaも「冬メニュー」に変更となります。

年に5回変わる季節メニューで、一番長い期間実施される冬メニュー。

今日はそのメニューからアミューズの紹介を致します。

 

「北海道産帆立貝のブランマンジェ仕立て イクラと潮ジュレと共に

  青森シャモロックのコンフィと森のキノコのスープに淡雪を浮かべて」

(Cコース)

 

「温かい本日のカキとホウレン草のフローレンス風

  生ハムとゴルゴンゾーラチーズのエクレア仕立て」

(Bコース)

 

「自家製薩摩黒豚のサルシッチャ・ソーセージ 紅玉りんごのカラメリゼを添えて

  冬の旬鮮魚のマリネ 柚子の香る柑橘果実のジュレと共に」

(ブッチャーコース)

 

次回「春メニュー」の3月中旬までの冬メニューです。

是非一度ご賞味下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

鉄板焼Kurosawaからお勧めの琥珀色

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 06:28

 本日は築地Kurosawaお勧めの
食後酒を紹介します。

「BOOKER'S」
「ブッカーズ」というバーボン・ウイスキーです。

このアルコール度数63%のケンタッキーのバーボンは
有名な「ジム・ビーム社」のマスター・ディスティラー・エミリタスである
「ブッカー・ノォ氏」の手作りで生まれる最高級品で、
もともとは彼の友人知人に贈るクリスマス・ギフトとして造られた
プレミアム・バーボンなんです。



このバーボンは6年〜8年の熟成を経た秘蔵の樽から、
彼の五感で吟味された最高のものだけが1987年から
毎年限定出荷されているんですね。



製造工程で割水や濾過を一切せず、
樽から直接ボトルに詰められている世界で唯一のバーボンです。
度数は強烈ですが、植物性の芳香があり、味わいのバランスは絶妙です。

先のブッカー・ノォ氏はこのバーボンを
バーボン1に対して水2で薄め、「ケンタッキー・ティー」と呼んで
飲んでいたんだそうです。

私自身もこの「ブッカーズ」はガツンと来る男性的バーボンとして、
お勧めしております。

是非、食後の締めの一杯としていかがですか?
遠いケンタッキーの香りを楽しみながら・・・
 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM